気功とは

「気功」という言葉は中国では悠久の歴史を持っています。

気功に関する内容は古代に

吐納

導引

行気

服気

練丹

修道

座禅

等と称されていました。


古書の中に気功という記載は殆ど無く、たまに気功という言い方があっても、完全な解釈はされていませんでした。


1950年代になってから、劉貴珍が「気功療法実践」という本の中に「気という文字はここでは呼吸の意味を代表している。


功ということは絶えずに呼吸と姿勢の練習を調整することである。」と書き「気功」の二文字の意味はその時から確定し、流布したといわれています。


海外で気功を「深呼吸鍛練法」と翻訳した人がありますが、これでは気功の意味深さはまだ、認識されていません。


実は、気功鍛練は呼吸、姿勢、意念の三種類の手段を含んでいるのです。またそれぞれの一種類の中にはまた多種類の鍛練方法があり、深呼吸はただ、その沢山の呼吸鍛練方法の中の一種類です。だから、気功を「深呼吸鍛練法」と定義することはその一面に過ぎません。


中国医学では、気功は

養気(気を養う)

積精(精を積む)

全神(神気を保全する)等を通じて、人体の真気を鍛練する能力と認識されています。


真気は人体の生命活動の原動力です。


人体のすべての生命活動、例えば言語、動作、感覚等はみな真気の作用した結果です。


真気が充実すれば、生命の活動は旺盛になり、真気が虚損すれば、人体は虚弱で病気に罹る。

真気がなくなったら、生命も停止する。


気功の練習は体内のこの原動力を養成するために行う鍛練方法の一つの種類なのです。


近年、中国の一般的な認識では気功によって練習者が変性意識的能動性を発揮し、総合的に


調息(呼吸の鍛練)


調身(姿勢と体力の鍛練)


調心(心理の鍛練)


上記三種類の手段を通じて心身(精紳と形体)を鍛練し、自身の生理的潜在力を発動し、養成することを通じて身体をつくり、病気を治療する目的に至る医療保健運動の方法とみなされています。


以上の認識を一言でいえば、気功は中国民族文化特色に基づいた自己心身療法であるということです。


心身療法の種類はたくさんがありますが、気功と他の自己心身療法との大きな差は中国民族文化特色に基づいているということです。すなわち、中国人に特有な、中医理論の気を核心として導かれた実践活動なのです。


◇現代医学から見れば、気功鍛練は心身健康に役立つある良性行為を学び、訓練し、条件反射などの方法で制御された行動療法と言えるでしょう。


◇心理学、生理学から気功を定義すれば、気功は主に自己暗示手段で意識が自己睡眠状態に入ることを促進し、心理-生理-形体の自己調整機序によって心身平衡を調整し、健身治病の目的に至る自己鍛練方法という事が出来るでしょう。


これから未来の科学の発展にしたがって、現代医学の知識で気功を認識できるようになる時がくれば、われわれの気功の実体についての認識が深まると信じています。


ご連絡・お問合せ

TEL 097(522)4369

Mail asuka6336@gmail.com